これまでの活動

◇広域連携共生・対流等推進交付金事業 (府省連携等促進事業)
  実施主体:“水と緑”広域交流連携協議会
  事務局 :(一財)農村開発企画委員会

 当事業は、地域住民と学生の顔が見え、対等に話ができる関係づくりと、学生達が農産物の行き来や農村の魅力を理解するとともに、過疎化や高齢化に悩む本宮市の農村に学生の新鮮な情報や柔軟な発想による新しい風が吹き込むことを目指したプログラムです。
 本宮市の自然を生かした田舎料理や郷土料理の作り方の体験、農家民泊や農家レストラン、地元の学校、企業等との交流等を深めることによって農村社会の実態を知り、農業を肌で幹事、地域社会での生活を通じて、地域住民と一緒になって協働で地域づくり活動に取り組みます。
 そして、従来からの地域のみの発想を超え、学生の若い感性や行動力、大学の有する知見等を活用した協働・交流システムの構築を行い、本宮市の自立化に向けたモデル的な活性化の仕組み作りを行います。

◎これまでの実績
1.2009年夏季 参加人数11人
2.2009年冬季 参加人数67人
3.2010年夏季 参加人数35人
4.2010年冬季 参加人数25人
5.2011年夏季 参加人数24人
6.2011年冬季 参加人数45人

◎体験受入先
16軒(野菜農家、酪農家、直売所、加工グループ、介護施設、FM局、菓子店、味噌店、酒造等々…)

広告